お知らせ

「遺言書と相続」講演(10月10日)

2010年 10月 14日

10月10日、福岡県田川市内にて「遺言書と相続」というタイトルで講演を行いました。

《講演内容抜粋》

[財産]3パターン

~生前~  ~死後~

<贈与>  <遺言あり→遺言相続> <遺言なし→法定相続→遺産分割>

 ⇔ [負債] 

<法定相続> △譲渡 △遺言 △遺産分割 ⇔ 債権者

*相続承認  *相続放棄  *限定承認

 [贈与税、相続税]

 [遺言(ゆいごん、いごん)]

<遺言が無いときに起こりうる不利益の例~デメリット>

●相続手続きをするとき、戸籍などをすべて集める必要がある

→財産の名義換えの手続が大変:相続人全員の印鑑証明書、実印等必要(銀行)(登記)

●遺産分割協議をしなければならない

遺産分割協議は相続人全員で行う必要があり、一人でも欠けていると協議は成立しません。

法定相続→遺産分割協議×→遺産分割調停×→審判→即時抗告→上級審

●財産を残したい相手に残せない

●相続による紛争が起きる可能性が大きくなる

●好き勝手に分割されてしまう

 <ぜひ遺言を残しておきたいケース>

推定相続人間に不和があるとき:法定相続→遺産分割協議×→遺産分割調停×→

●相続させたくない推定相続人がいるとき

●配偶者に住んでいる土地や家屋を残したいとき

子供がいないとき

●先妻の子や後妻の子がいるとき

●認知していない子がいるとき

●介護してくれた嫁(相続権なし)に財産を残したいとき

●婚姻届をしていない内縁の夫婦のとき

●親族以外の人に財産を遺贈したいとき

特定の子供に家業を継がせたいとき

●相続権のない兄弟姉妹、甥姪に財産を分与したいとき

●財産の一部を公益団体等に寄付したいとき

身寄りのない方の場合

推定相続人の中に行方不明や認知証の者等がいる場合

推定相続人の数が多い場合

 <遺言を残すことによるメリット>

●お世話になった人に財産を残す

●思い通りに相続分や分割内容を指定する

●相続による争いを回避する

●遺産分割協議を省略させる

●遺言執行者に任せられる

●相続人の将来の生活のために信託を設定する

 <普通方式の遺言: ひな形を使った解説>

自筆証書遺言

公正証書遺言

秘密証書遺言